独立行政法人地域医療機能推進機構運営の病院

休診日について

北海道社会保険病院は、総合病院ですので土日、祝日は休診日となっています。
外来担当医医師によっては、予約制のみで診療を行っている診療科もあります。
一般の病院と違って、独立行政法人地域医療機能推進機構運営の病院の
一つであるため、土曜日の診療はありません。
初診でかかる場合には、平日のみですので注意をして下さい。
初診の場合には、原則として一科目だけの受診になります。

 

こちらでは、夜間診療を行っていませんので、急に受診をしたい場合には札幌市医師会が行っている
夜間休日診療案内から外套の医療機関を探す必要があります。

 

また、原則として決められている休診日以外でも、担当医師が不在となる場合もあります。
予約制で受診する場合には、把握できますがそれ以外で受診する場合には、
あらかじめ、問い合わせをしておく方が無難です。
担当医師が学会などの事情で不在の場合には、他の医師が代診を行ってくれます。

 

そして、年末年始は12月29日〜1月3日にかけて長期の休診になります。
定期的に受診をしている方は、薬の在庫状況を把握した上で12月29日より前に、
受診をしておく必要があります。

 

このように、旧北海道社会保険病院を受診する際には、あらかじめ決められた休診日があるので、
把握した上で受診をするようにしましょう。
不明な点に関しては、電話での問い合わせが可能ですが、午前中は診療で混みあっていることが多いので、
出来ればそれ以外の時間へ問い合わせをした方が賢明だと言えます。
通じやすくゆっくりと問い合わせをしやすくなるので、
あらかじめ、問い合わせしたい内容をメモをしておくとスムーズです。