独立行政法人地域医療機能推進機構運営の病院

健康診断について

同院内の「健康管理センター」という部署では、地域住民や会社の従業員を対象にした健康診断を行っています。
特定健診(いわゆるメタボ健診)の普及に伴い、
多くの企業では健保組合と連携する形で従業員の健康管理を行うようになってきました。

 

かつては職場で受ける法定健診(労働安全衛生法による健診)を受け、それとは別に希望者が
福利厚生を利用する形で人間ドックを受けに行くというパターンが一般的でしたが、特定健診と
職場の法定健診の項目にはなりが多いことから、近年は健保組合が主催する特定健診・生活
習慣病健診・人間ドックを従業員に受けさせ、本人の了解を得た上でその結果を職場健診へ
流用するというやり方が増えています。

 

そのような現状をも踏まえ、北海道社会保険病院では、国内最大手の健保組合「全国健康保険
協会(協会けんぽ)」が主催する生活習慣病健診・人間ドックや、札幌市の国民健康保険加入者
に対する特定健診を実施しています。

 

25名以上の受診団体には、希望の場所へ検診車を派遣しての生活習慣病健診にも応じており、
健康診断に伴う従業員の職場離脱時間を最小限に抑えたい企業のニーズに応えています。

 

健診の正確性や信頼性を担保すべく、30余名の医師団がバックアップして検査や診断を行っており、
質の高い健診を提供しています。
また、日にち限定ながら、日曜日に健康診断を行っている点も魅力です。

 

女性を対象にHPV検査併用の子宮頸がん検診や、マンモグラフィー併用の乳がん検診も実施してい
るほか、脳ドック・前立腺検査・甲状腺検査・ペプシノゲン検査・骨密度測定など、受診者の希望に
あわせたオプション検査も用意されています。
北海道社会保険病院へのアクセスは、札幌市電「幌南小学校前」から徒歩10分です。
また、札幌市営地下鉄南北線「中の島駅」から病院行のバス路線もあります。