独立行政法人地域医療機能推進機構運営の病院

腎臓内科糖尿病・内分泌内科について

旧北海道社会保険病院の時代から、腎臓内科糖尿病の患者さんが多く受診していますが、
糖尿病とすでに診断されている方だけではなく、糖尿病になるリスクの高い予備軍の方、
妊娠糖尿病の方を対象に診療が行われています。

 

糖尿病は、自覚症状が出にくいため合併症の発症予防に 取り組むことが糖尿病内科の目指す医療です。
合併症が併発した患者さんでも、進行が抑えられるように最適な医療が提供されています。
旧北海道社会保険病院では、腎臓内科糖尿病の患者さんに対して出来るだけ関係する科との
連携を密に行っているのが特色です。
日本糖尿病学会認定教育施設に認定されていることから、外来では、血液、尿検査、
腹部エコー、頚動脈エコーなどや、食事や運動の指導、インスリン自己注射の指導、
血糖自己測定の導入まで行っています。
一方、入院の場合には、糖尿病に関しての教育が行われます。

 

また、主として糖尿病患者さんで足の病変が起こっている方に足してフットケア外来も受診が可能です。

 

そして、内分泌内科では、ホルモン分泌の乱れによって起こる疾患を幅広く診療を行います。
甲状腺、副甲状腺、副腎、性ホルモンの異常から起こる疾患の他、内分泌疾患を疑う高血圧、
糖尿病、肥満、高脂血症、骨粗鬆症なども診療の対象となっているので、高齢者の方々も
発症しやすい疾患も含まれいることもあり、多くの患者さんが内分泌内科も同時に受診しています。

 

こちらも、外来では、血液検査、レントゲン、CT、MRI、アイソトープ検査や甲状腺エコーなどを
必要に応じて行っています。

 

単独で診療するよりも、腎臓内科糖尿病と内分泌内科は関連性が高いため、
双方が協力して治療に当たることも多くなっています。