独立行政法人地域医療機能推進機構運営の病院

整形外科について

同院の標榜科の一つに、整形外科があります。
こちらでは、脊柱、下肢、上肢におけるそれぞれの疾患に、専門医が対応して非常に高度な治療を行っています。
また、手術治療として、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニアなどの脊椎疾患はじめ、
ほかにも、変形性膝関節症や外傷などの症状に対して、適宜、実施しています。
脊椎脊髄疾患の代表的なものとしては、まずは、腰痛があげられます。
腰痛に悩んでいる人は少なくありません。

 

腰痛の原因にはさまざまなものが考えられます。
最も多数を占める原因は、腰椎の一部である椎間板や椎間関節が老化することによって発生するものです。
その人の姿勢が良くないと、さらに腰痛発生の確率が高まります。
ほかにも、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症などが、腰痛を引き起す原因となります。
また、手足が痺れる感覚も、脊椎脊髄疾患の一つです。
脊髄や末梢神経が損傷したことによって発症する現象です。
頚椎症、腰椎椎間板ヘルニアなどの疾病が該当します。

 

痺れの程度や範囲が広がる場合は、同院での整形外科的検査を受けることが望ましいです。
また、変形性膝関節症の患者も多いです。
加齢や肥満など負担によって、膝の軟骨がすり減るとか、変形したりすることが原因で、膝に痛みを生じさせる疾患のことです。
いわば、中高年になってから、膝が痛くなる病気の典型例と言えましょう。
地域医療機能推進機構北海道病院は、過去の北海道社会保険病院の時代より、安心の医療を提供してきました。