独立行政法人地域医療機能推進機構運営の病院

心臓内科について

北海道社会保険病院は、札幌市中心部からも近い地域の中核病院です。
主に、札幌市の南部地域の住民を対象とした高度医療 を提供する病院として、
保健や医療福祉の分野で、様々な医療サービスを行っています。
北海道社会保険病院には、心臓内科があります。

 

心臓内科は、心臓病のなかでも命に影響を与えることが多い心筋梗塞や狭心症、
急性心不全などの重い病気に対応しています。
カテーテル治療を中心とした循環器医療チームがあります。
最先端の心臓病治療を提供しており、循環器系集中治療室には、循環器専門医師が1年中待機しています。
全ての患者に対して救急対応を行い、常に高度な治療を提供しています。

 

冠動脈のカテーテル治療は、年間400例以上で、北海道内での冠動脈カテーテル治療施設のひとつとして知られています。
冠動脈の病変形態により使い分けができるように、治療道具すべての認定施設となっています。
また、厚生労働省から、エキシマレーザ冠動脈形成術が先進医療として承認されています。
地域の医療連携を大切にして、地域の医者達との交流や勉強会を行なっています。

 

短期入院での検査や治療が受けられるように、クリティカルパスを使用し、医師の説明の前に
DVDによって検査の説明をしています。
北海道社会保険病院では、常に最先端の高度医療を実施するため、学会や技術交流会
などを通して切磋琢磨しています。
虚血性心疾患のカテーテル治療に関しては、循環器専門医としての知識はもちろん、
カテーテル血管治療に関する経験と知識が必要不可欠です。

 

北海道社会保険病院の心臓内科には、2名のカテーテル治療の指導医と1名の認定医がいます。
困難とされる慢性完全閉塞病変の治療に関しては、経験が豊富な指導医がおり、
日本だけでなく海外でも指導を行っています。
北海道社会保険病院では、カテーテル治療を行っている世界中の専門医との交流によって
得られた知識と技術を、地域の患者に還元しています。